Q.茨城県立医療大学を志望したきっかけを教えて下さい。

 幼少期から、看護師になることが夢で、看護学が学ぶことの出来る大学への進学を考えていました。3年生の夏頃までは、他大学を志望していましたが、受験期になり、自身の学力と地域医療に力を入れていること、そして大学卒業後に進学できる助産学専攻科が設置されていることが決め手となり医療大学を志望しました。

Q.授業で面白いと感じる部分はどこですか?

 病院で働いていた経験を持つ先生が多いので、授業や演習時に実際の経験など生の声を聴くことが出来ることができることです。その話を聞いて、自分だったらこうしたいと考えたり、そういう考え方もあるのだ、などと学びになったりしてとても面白いです。

Q.茨城県立医療大学の魅力を一言でいうと?

 学生数が少ないことです。そのおかげで授業や演習でも先生に対しての学生の数が必然的に少なくなるので、一つひとつ詳しく丁寧に教えていただけます。また、人数が少ないことで他学科との交流もしやすく異なる視点での考え方を学ぶことも出来るのはとても新鮮です。

Q.高校生にメッセージをお願いします。

 コロナ禍で大変な思いをしている人も多いと思います。医療大学は、今大変な状況にある医療現場で活躍することを目指している人が多く、コロナ禍を乗り越え、進んでいく将来を担うのは私たちです。自分たちが将来の医療を支えることを心に留めておきながらも、私たちとともに自然あふれる阿見町で一緒に学びませんか?

学生たちに、茨城県立医療大学とそれぞれの学科の魅力を教えてもらいました!